ご挨拶・メンバー

ご挨拶

本フォーラムは、「健康いきいき職場づくり」の概念と具体的方策を国内に広く普及し、これを通じて働く人の心身の健康増進と企業の生産性向上を支援することを目的に、公益財団法人日本生産性本部と東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野とが協同して設立いたしました。
本フォーラムは、「健康いきいき職場づくり」に関する最新情報の発信母体となり、この考え方に賛同して組織運営を考える企業人、商品開発を考えるEAP 等メンタルサービス事業者、専門知識の収集・発表を考える医療従事者、研究者らのプラットフォームとなることを目指しています。

⇒ 設立趣意書(全文)


健康いきいき職場づくりを推進する研究者のご紹介

川上憲人東京大学大学院医学系研究科
公共健康医学専攻
精神保健学専攻分野
教授 川上 憲人
Prof.. Norito Kawakami

■専門
職場のメンタルヘルス、地域の精神保健疫学、行動医学
■最近の研究テーマ
職場のメンタルヘルスの第一次予防の新しい推進枠組み、職場のストレスの評価、健康影響、対策の評価、世界精神保健調査、社会格差と健康
■フォーラムへのメッセージ
今、日本の全ての企業・組織で求められていることは、働く人一人ひとりが尊重され、互いに信頼し合い助け合い、1つの目標に向かっていきいきと働ける職場をつくることです。
このことは増加する働く人の心の健康問題の予防にとっても大切なことであり、またこれを越えて新しい日本型職場の再構築ともいえるでしょう。「健康いきいき職場づくりフォーラム」は、国際標準にのっとりながら、この国らしい職場のあり方を考え、人と組織を健康に変えてゆく大きな挑戦の第一歩です。

島津明人東京大学大学院医学系研究科
公共健康医学専攻
精神保健学専攻分野
准教授 島津 明人
Asso.Prof. Akihito SHIMAZU

■専門
臨床心理学,健康心理学,産業精神保健
■最近の研究テーマ
個人と組織の活性化、ワーク・エンゲイジメント、ワーク・ライフ・バランス、余暇の使い方(リカバリー経験)
■フォーラムへのメッセージ
働く人の幸せは、一人ひとりが、健康的で、高い生産性を維持しながら活き活きと働くことにあるのではないでしょうか。「健康いきいき職場づくりフォーラム」では、産業保健とマネジメントとが協調しながら、働く人と組織の活性化に向けた取り組みを進めていきます。
働くことが喜びとなるような社会を目指して、多くの皆さまとともに知恵と経験を積み重ねていきたいと考えています。


共同研究者のご紹介

守島基博一橋大学大学院
商学研究科
教授 守島 基博
Prof. Motohiro MORISHIMA

■専門
組織行動、労使関係、人的資源管理
■主要著書
「人材の複雑方程式」(日本経済新聞出版社、2010)
「人材マネジメント入門」(日本経済新聞社、2004)
「会社の元気は人事がつくる」(共著、日本経団連出版、2002)
「21 世紀の“ 戦略型” 人事部」(編著、日本労働研究機構、2002)
「自律チーム型組織」(翻訳、生産性出版、1997)

会員ログイン

ユーザー
パスワード
ログイン

会員制度とご入会

ご入会に関するご質問

個人情報保護方針

メールマガジン登録