事例・研究トピックス

2018年12月10日
Persuasive System Design (PSD) という言葉をご存知でしょうか?おそらく、このコラムの読者の方は初めて聴かれた方が多いと思います。禁煙やダイエットなどの指導は、行動変容(Behavior Change)と呼ばれ、古くから,その手法について研究されています。前回ご紹介した、ウェアラブル機器の進展により、情報技術によって行動変容を支援するということも広まっており,そうした機器を情報薬(Digital Medicine)と呼ぶ人もいます[1]。このような背景のもと、そのようなシステムはどうデザインすべきかということを体系的にまとめたものがPSDやBCSSとなります。おそらく、読者の方を含め、今後、様々な企業が従業員の健康のために何らかの行動変容支援システムを導入する際に、そのシステムがきちんとデザインされているものか確認する手段の1つと成り得えるでしょう。
執筆:荒川豊氏(奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 准教授)
2018年11月01日
これまでの職場のメンタルヘルス対策では、どのような職場環境やどのような働き方が、メンタルヘルス不調やストレスの低減につながるのかを中心に検討されてきました。ところが、サービス業の台頭,情報技術の進歩など働く人たちを取り巻く環境の変化や働き方の変化が大きく変化するのにともない、メンタルヘルス対策においても、「いかに働くか」に注目した対策のほかに、「いかに休むか」に注目した対策も重要になってきました。つまり、一人ひとりが健康でいきいきと働くためには、職場内の要因に注目するだけでなく、職場外の要因にも注目することが必要になったのです。
今回のコラムでは、職場外の要因のうち、リカバリー経験(就業時のストレスから回復するための時間の過ごし方)に注目し、健康でいきいきと働くための方策について考えてみたいと思います。
執筆:島津明人氏(北里大学一般教育部 教授)
2018年10月04日
近年、「新しいアイデアを生み出すこと=クリエイティビティ」に注目が集まっています。そこで、本コラムでは、クリエイティビティを高める組織風土とはどのようなものかを紹介したいと思います。実は、ハーバード・ビジネス・スクールのAmabile教授が、そのような組織風土を測定する、KEYSと呼ばれる尺度を開発されています。それはどのようなものなのでしょうか、以下で見ていくことにしましょう。
執筆:稲水伸行氏(東京大学大学院経済学研究科 准教授)
2018年09月01日
皆様は平日の睡眠不足を週末に解消しようとしていませんか?休みの日くらいゆっくり休みたいですよね。それも当然と言えば、当然です。しかし最近、この「寝だめ」や「週末朝寝坊」に思わぬ悪影響があることが分かってきました。本コラムでは、近年話題になっている「社会的時差ぼけ」についてお話しいたします。
執筆:中田光紀氏(国際医療福祉大学赤坂心理・医療マネジメント学部 教授)
2018年08月01日
セルフ・モニタリングは、心理学の応用分野で注目されてきた方法で、パフォーマンスを上昇させたり、よい成績を収めたりするための手段の一つです。古くから、セルフ・モニタリングは、職場での生産性を向上させるための方法として利用されてきました。最近は、センシング(sensing)という人の何らかの行動について、センサーを利用して計測・判別する技術が向上したことから、センサーを用いたセルフ・モニタリングが急速に発展しています。本稿では、この古典的なセルフ・モニタリングと、センサーを用いたセルフ・モニタリングによるいきいき度を高めるための実践等を紹介したいと思います。
執筆:田山淳氏(長崎大学大学院教育学研究科教職実践専攻 准教授)
2018年07月02日
ビジネスの現場において、モチベーションの向上・維持はリーダーにとっての永遠の課題と言っても過言ではないでしょう。では、その仕事を、肝心のリーダー自身ではなく別の誰かに頼むことにすると一体どうなってしまうのでしょうか?本コラムでは、米企業から引っ張りだこの組織心理学者アダム・グラントが、この質問に答えるために行なった実証研究を紹介します。

執筆:大野正勝(南カリフォルニア大学・経済社会研究センター(CESR)博士研究員)
2018年06月01日
あなたは、何歳までお仕事を続けたいですか? 出来るなら明日にでも辞めたい人、ローンや老後のことを考え定年まで堅実に働きたい人、すこし早めにリタイアして余生をのんびり過ごしたいなど、希望は様々かと思います。 本コラムでは、キャリア後半のお話、高齢労働者の働く意欲についての研究をご紹介します。

執筆:櫻井研司氏(日本大学経済学部 准教授)
2018年05月01日
周囲の指導や支援をする行動であるメンタリングの重要性は、これまでもたびたび指摘されてきました。さらに近年では、メンタリングを行うことが、メンター本人のイキイキも高めるということもわかってきました。メンタリングは必ずしも新人の適応やイキイキだけを支えているわけではないようです。本稿では職場でメンタリングをうながすカギとして向社会的モチベーションや向社会的モチベーションを高める職務設計に注目します。

共著:
麓仁美氏(松山大学経営学部 准教授)
森永雄太氏(武蔵大学経済学部 教授)
2018年04月02日
今年も3月1日に就職活動がスタートしました。ここ数年は「売り手市場」と言われていますが、大学生から見ると就職を希望する企業の業種や待遇などもさることながら、つまるところ決め手の一つはその企業で「やりがい」を感じられるか、ではないでしょうか。

執筆:池田浩氏(九州大学大学院 人間環境学研究院 准教授)
2018年03月01日
これまでの研究では、いきいき(エンゲイジメント)した個人に注目が集まってきました。しかし、個人のいきいきした気分が組織内の他者に「伝染」し、職場全体が明るくなることも想定できます。今回は、チーム内の気分の波及効果の実験を取り上げ、チーム内の気分の相互関係について考えます。
執筆:種市康太郎氏(桜美林大学心理・教育学系 教授)
2018年02月01日
職場での目標達成を目指す私たちにとって、フィードバックはなくてはならないものですが、部下へのフィードバックがなかなか思うようにいかないということはありませんか? 今回は、上司から部下へのフィードバックをうまく機能させる職場のフィードバック環境についてご紹介したいと思います。
執筆:
桃谷裕子氏(横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター)
大塚泰正氏(筑波大学人間系心理学域・准教授)
2018年01月01日
働き方改革の一環として治療と仕事の両立支援(以下、両立支援)への関心が高まっています。両立支援をうまく進めるためには、職場環境にも配慮する必要があります。本稿では、両立支援と職場環境の関係について考えてみたいと思います。途中、少し寄り道して、最近着目されているテレワークについても情報提供したいと思います。
執筆:江口尚氏(北里大学医学部公衆衛生学・講師)
2017年12月01日
改めて本ブログを見てみると、とても良い情報が盛りだくさんですね。そのどれも、いずれはやってみたい、取り入れたいと思われる読者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。それ以外にも、「運動習慣をつけたい」「休肝日を作りたい」と思うような日常の行動は、いざ実行しようと思うと中々実行できなかったり、習慣化が難しいのではないかと思います。
今回は、そのような、何らかの行動を実行に移したい、続けたいと願っている読者のために、「実行意図」という理論に基づいた超シンプルな、計画の立て方についてご紹介します。
執筆:原雄二郎氏(株式会社Ds'sメンタルヘルス・ラボ)
2017年11月01日
働く場に求められる役割は時代とともに常に変化しており、最近はオフィスだけでなく自宅やカフェ、コワーキングスペースなど場所に縛られず柔軟に働くことが増えています。一方で、セキュリティや作業特性などの理由からオフィスで働かなければならない人も多くいます。オフィスでも環境と働き方を工夫することで、一人ひとりが生き生きと柔軟に働くことが可能です。そんな『はたらく』を少し進化させるオフィスについて紹介します。
執筆:山田雄介氏(株式会社岡村製作所オフィス研究所主任研究員)
2017年10月01日
Apple WatchやFitbitなどウェアラブルと呼ばれる電子デバイスが普及しつつあります。こうしたデバイスは、時計やスマートフォンの通知を表示するだけではなく、さまざまなセンサを内蔵しており、歩数や心拍数といった生体情報もセンシング可能になっています。機種によっては、皮膚温度や皮膚電位、容積脈波なども計測可能になっており、このようなセンサを活用して、従業員の健康や職場のパフォーマンスを改善しようという動きが世界中で広がっています。本コラムでは、特に職場環境での活用について、現在の動向と今後の展望について紹介したいと思います。
執筆:荒川豊氏(奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 准教授)
2017年09月11日
良い睡眠がとれた翌朝は目覚めが良く、はつらつとして仕事に身が入る経験をした方もいると思いますが、逆に仕事が忙しく、睡眠をおろそかにする習慣を身につけてしまった方も多くいるかと思います。寝不足が原因で思わぬミスをしたり、重要な会議で眠ってしまったりなどの失敗を経験すると、自分の睡眠を見直そうと決意しますが、いざ「良い睡眠」をとろうと思っても、一度ついてしまった悪い習慣を簡単に改善することはなかなかできません。本コラムでは、睡眠が健康に与える科学的知見について紹介するとともに、「幸福感」や「時間管理」の観点から睡眠を見直すことのヒントを提示したいと思います。
執筆:中田光紀氏(産業医科大学産業保健学部 産業・地域看護学教授)
2017年08月01日
この数年、企業の方々と一緒に「オフィス学」プロジェクトを進める中で、「クリエイティブなオフィスとはどのようなものか」というお題を頂く機会が増えてきました。そこで、本コラムでは、心理学や経営学分野でのクリエイティビティ研究を牽引する大御所的存在である、ハーバード・ビジネス・スクールのAmabile教授らの研究を紹介したいと思います。この1月には近著(Amabile & Kramer, 2011)が邦訳されるなど、日本でも認知度が急上昇中です。この本では、「やりがいのある仕事が進捗することで、職場での良い感情・認識・モチベーションを生み出し、クリエイティビティにつながる」ということが提唱されています。
執筆:稲水伸行氏(東京大学大学院経済学研究科 准教授)
2017年06月23日
当日のA~Fグループの模造紙をご覧いただけます。
会員ログインの後、ご確認ください。
2017年06月01日
職場において、ポジティブな出来事や心地よい出来事に目を向け、良い事象を拾い上げることは、仕事を行う上での自分の心や身体の状態を良好に保つため、パフォーマンス向上に繋がります。日常的に私達は、無意識的に良い事象に目を向けたり、逆に悪いことに目を向けたりしています。これを、無意識ではなく意識的かつ選択的に良いことを選択することを「ポジティブ・チョイス」といいます。本稿では、このポジティブ・チョイスの実践やその効果を紹介していきたいと思います。
執筆:田山淳氏(長崎大学大学院教育学研究科教職実践専攻 准教授)
2017年05月15日
4月19日開催の定例セミナー「メンタルヘルスと採用学」質疑応答内容と当日配布資料をアップしております。
1234

会員ログイン

ユーザー
パスワード
ログイン

会員制度とご入会

ご入会に関するご質問

個人情報保護方針

メールマガジン登録