Active Work Place 研究会

★Active Work Place研究会は、健康いきいき職場づくりフォーラムの中心となる事業です★

開催の
ご案内

職場のメンタルヘルス向上や組織の活性化の方法として、「健康いきいき職場づくり」が注目されています。職場のメンタルヘルス向上のためには、これまでの「個人の不調への対応」や「ストレス対策」から幅を広げ、「働く人の心身の健康」とともに、「働く人のいきいき(ワーク・エンゲイジメント)」と 「職場のいきいき(職場の一体感)」を充実させることが重要です。

本研究会では、個人がいきいき働きながら、同時に組織の生産性パフォーマンスを向上させる「健康いきいき職場づくり」を、組織内で実践するための理論と方法論を詳しく学びます。本研究会の目的は、組織で健康いきいき職場づくりを推進するための行動計画を策定し、実践に移すことです。講師陣による最新理論の講義を始め、方針の立案、具体的施策の検討などをグループワークで議論します。参加者同士で考えを共有しながら、良い事例を学び合い、各組織の実情に合った「健康いきいき職場づくり」を実現することを目指します。

健康いきいき職場づくり」に興味をお持ちで、組織での具体的な実践を検討している皆様、健康経営を推進されている皆様、働き方改革に取り組まれている皆様、ポジティブメンタルヘルスの視点でストレスチェックの有効活用を検討されている皆様、有効な考え方や方法論をお伝えし、またご一緒に議論を進めたく、ぜひご参加ください。


 




【概要・プログラム】

会期:2017720187

対象:企業の経営企画部門、人事部門、健康管理部門

安全衛生部門、労働組合幹部、各職場のリーダー

人数:1組織より2

会場:日本生産性本部ビルセミナー室(東京・渋谷)経営アカデミー教室(東京・丸の内)

         生産性国際交流センター(神奈川・葉山)ほか


●全8うち合宿1回)のプログラム

内容、講師・話者、時間割などは都合により変更する可能性がございます。予めご了承ください。

 















【研究会の特徴】

.行動計画の立案・実行・・・研究会の会期を通じて組織としての行動計画を策定いただきます。

2.8つのステップとつの基準・・・健康いきいき職場づくりを推進する際の標準的な8つのステップと6つの基準を習得いただけるカリキュラムにより、何から取り掛かるべきかの優先順位をつけやすくなります。

.実践課題・・・毎回出される課題により、自組織の資源を振り返り、自組織に合った行動計画が策定できます。

.2名でのご参加・・自組織に戻っ時に、学びを共有した方がいることで、企画検討や社内調整、実行が楽に早くできるようになります。 

.参加者同士の学び・・・同じ目的を持った、全く別の組織の方々と学びを共にすることで、他社事例を多く学び、ま自社の良さを客観視することができます。



★ぜひ、皆様にご参加いただけますよう、お願い申し上げます★


ご案内パンフレットはこちらから


ご参加のお申込みはこちらから(日本生産性本部のHPへジャンプします)



会員ログイン

ユーザー
パスワード
ログイン

会員制度とご入会

ご入会に関するご質問

個人情報保護方針

メールマガジン登録

Active Work Place 研究会