研究者ブログ

2023年12月01日
デジタル機器およびデジタルサービスの進展により、いつでもどこでも情報が飛び込んでくる時代になりました。しかしながら、我々人類が持っている情報処理能力はそう簡単に進化するものではありません。そのため、いかにして人の関心(アテンション)を惹きつけるかという熾烈な競争が繰り広げられています。生産性とウェルビーイングを高めるためには、こうしたアテンション・エコノミーから身を守る知識を持つことが重要です。

執筆:荒川 豊氏(九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授)
2023年11月01日
最近、座りすぎていませんか?COVID-19の感染拡大による外出制限、テレワークの拡大等で私たちの身体活動は減少し、座る時間が増加しました。本コラムでは、座りすぎの心理面への影響を考えてみたいと思います。

執筆:榊原 圭子氏(東洋大学 社会学部社会心理学科 准教授)
   島津 明人氏(慶應義塾大学 総合政策学部 教授)
2023年10月01日
クリエイティビティ(創造性)やイノベーションへの関心が高まっています。前者は新規で有用なアイデアを創出すること、後者は、そのアイデアを製品・サービスに落とし込み、市場で高い成果を上げることです。こうしたプロセスをうまく進めていくためには、どのような社会ネットワークが必要となるのでしょうか。

執筆:稲水 伸行氏(東京大学大学院 経済学研究科 准教授)
2023年09月01日
みなさまは長い職業生活の中で仕事に対してネガティブな感情、例えば「今の仕事にやりがいを感じない」や「仕事に達成感を感じない」といった経験をしたことはありませんか。
一方、「自分の仕事に誇りに感じている」あるいは「仕事に積極的に取り組むことができた」などポジティブな感情も経験していることでしょう。
この両者が存在し、絡み合ってこそ「仕事」と言えるのかもしれませんが、できれば誰しもポジティブな感情を長く保ちながら仕事をしたいと思っていることでしょう。
それでは、その秘訣となる生活上の留意点は何かあるのでしょうか。

本コラムでは、仕事へのポジティブ感情を保ち続けるための生活のあり方として、生活の規則性・リズムに焦点を当ててみました。皆さんはどれくらい「リズミカル」な生活をしているでしょうか。是非、このコラムを参考にご自分の生活のリズムを見直してみてください。

執筆:中田 光紀氏(国際医療福祉大学大学院 医学研究科 教授)
2023年08月01日
近年、栄養と心の健康の関係について多くの研究が行われています。魚、野菜、果物、全粒穀物、良質なタンパク質などが心の健康に良いことが分かっています。また、心の健康を維持するためには、食行動も重要です。規則正しい食事時間を設定し、生体リズムを整えることが心の健康に役立ちます。過剰な「ながら食い」などの食行動を抑制することも心の健康向上につながります。食事内容や食行動のずれや癖に注意することも心の健康につながります。

執筆:田山 淳氏(早稲田大学 人間科学学術院 教授)
2023年07月01日
ますますその存在感を示している人工知能(AI)ですが、私達の職場づくりへの影響については分かっていないことが多く残っています。とかく人間への脅威が取り沙汰されがちですが、AIは、疲れや不満を感じやすい単純且つ標準化された仕事から私達を開放し、より挑戦的でワクワクできる仕事へと導く可能性を持っています。本稿では、最新の調査結果に触れながら、AIがもたらす働き方の変化の一例を紐解いていきたいと思います。

執筆:川﨑 正太氏
   (南洋理工大学 南洋ビジネススクール 博士課程所属)
   大野 正勝氏
   (マンチェスター大学
    アライアンス・マンチェスター・ビジネススクール 講師)
2023年06月01日
本コラムでは,日本人労働者のウェルビーイングの実態と企業格差について考察します。

執筆:櫻井 研司氏(日本大学経済学部 准教授)
2023年05月01日
職場での支援に関する研究の多くは、周囲のメンバーが困っている人を手助けするよう促すことについて考えてきました。一方で、最近になって、支援の受け手が自ら周囲に助けを求めるように促すアプローチが注目されています。本稿では、自ら支援を求める行動を表す「援助要請」の概念を取り上げ、先行研究の知見を紹介します。

執筆:松下 将章氏(関東学院大学 経営学部 講師) 
   森永 雄太氏(武蔵大学 経済学部経営学科 教授)
   麓 仁美氏(松山大学 経営学部経営学科 准教授)
2023年04月01日
支援は望ましい行為ですが、時にそれが「諸刃の剣」となることがあります。有益な支援を受け手であるメンバーに役立てるためには、①支援をいつ行うのか、②支援の内容はどのようなものか、最後に、③支援は受け手であるメンバーが求めたものか、を留意する必要があります。

執筆:池田 浩氏(九州大学大学院人間環境学研究院 人間科学部門 准教授)
2023年03月02日
オンボーディングとは、新入社員や中途社員が企業や組織に適応、定着し、早期に戦力化するために行われる種々の施策を指します。人材確保が困難な時代において新入社員や中途社員の定着に関わる要因、また、その支援のために必要なことについて近年の研究を例に考えてみましょう。

執筆:種市 康太郎氏(桜美林大学 心理・教育学系 教授)
2023年02月01日
急速なテクノロジーの進歩、グローバル化、及び未曽有のCOVID-19パンデミックにより、労働者の仕事環境は大きく変化しており、不確実性がますます高まっています。このような背景において、近年産業・組織心理学では、労働者が主体的に仕事を工夫し、モチベーションを保ちながら有意義な働き方を目指すジョブ・クラフティングが注目されています。本稿では、近年新たに提唱された心理的欲求を基礎とした新たなジョブ・クラフティングの概念をご紹介したいと思います。

執筆:外山 浩之氏(ヘルシンキ大学 教育科学部教育心理学科 研究員)
2023年01月01日
航空機内で働く客室乗務員はサービス要員と保安要員の二つの役割を持っており、その仕事は多岐にわたっています。お客さまに高く満足していただくためには客室乗務員同士の協働が大事な要素となっています。業務中は予測できなかった仕事や誰の役割と明確ではない業務も生じてきますが、それを自発的に、利他的に行うことによって、時間やエネルギーをかけて行動した本人のチームワークに対する評価やワーク・エンゲイジメント、仕事に対する意欲が向上することがわかりました。今回は、客室乗務員の対人援助行動に焦点をあて、それがもたらすポジティブな心理状態についてご紹介します。

執筆:加藤 恵美子氏(筑波大学 人間総合科学研究科 修了)
   大塚 泰正氏 (筑波大学 人間系心理学域 教授)
2022年12月01日
在宅勤務は、ポストコロナ時代においても一般的となるでしょう。皆さんの会社では、在宅勤務をどのように位置づけているでしょうか。今回のブログでは、仕事の量と心理的ストレス反応の関係への在宅勤務の影響を検討した研究成果をベースに、いわゆる在宅勤務問題を考えてみたいと思います。

執筆:江口 尚氏(産業医科大学 産業生態科学研究所産業精神保健学研究室 教授)
2022年11月01日
「運動は健康にいい」これは古くから言われていることですが、運動には脳の活性化により仕事のパフォーマンスを向上させる効果もあります。一方で、自然環境が心理や認知状態へのポジティブな効果を持つことも分かっています。本記事では、運動を実施する環境によって脳活動がどのように変化するのか紹介します。

執筆:水本 旭洋氏(大阪大学大学院情報科学研究科 特任助教)
2022年10月01日
何か困難や自分の欠点に直面した時に、自分を責めてしまうことはないでしょうか。そうではなく、そのような時に自らを慈しみ、思いやりを持って自らに接する「セルフ・コンパッション」という心のありようがあります。セルフ・コンパッションを実践することで、不毛なネガティブな思考回路から脱してイキイキと生きていきましょう!

執筆:原 雄二郎氏(株式会社Ds'sメンタルヘルス・ラボ)
2022年09月01日
健康の保持増進、および不調の予防のために、スマートフォン等の端末を利用して介入を届けるモバイルヘルス (m-Health) が急速に発展しています。モバイルヘルスを活用することで、高いアクセス性、個別性、自動性、即時性などを強みにして、個人・組織の健康管理をより容易に、あるいは効率的に進めることにつながりそうです。

執筆:渡辺 和広氏(北里大学 医学部公衆衛生学 講師)
2022年08月01日
働き方の多様化にともない、オフィスで対面で話すことよりも、slackなどのチャットで話す機会が増えています。チャットは、メールやビデオ会議より手軽ですが、対話と同じようにコミュニケーション力の差が生まれ、使いこなしている人とメールの代替に留まっている人がいます。今回は、そうした新しいコミュニケーション手段であるチャット空間を活性化するためにAIボットを活用した事例を紹介します。

執筆:荒川 豊氏(九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授)
2022年07月19日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより,社会全体がかつてない働き方の変化に直面しています。このような働き方の変化は,同時に,組織のあり方やマネジメント,経済活動,人間関係,家族関係,生活空間の変化を通じて,働く人のワーク・エンゲイジメントにも様々な影響を及ぼしていると思われます。本稿では,労働者の働き方の変化として特に在宅勤務に注目し,ワーク・エンゲイジメントとの関連に言及したいと思います。

執筆:島津 明人氏(慶應義塾大学 総合政策学部 教授)
2022年06月01日
アフター・コロナを見据えて働き方を見直す動きがある中で注目を集めているのがi-deals (idiosyncratic deals)です。分かりやすく言えば「個々の従業員が上司または会社と理想とする働き方を交渉してある種の『特別扱い』を認めてもらうこと」です。本記事ではこの概念について解説します。

執筆:稲水 伸行氏(東京大学大学院 経済学研究科 准教授)
2022年05月01日
「腹八分目に医者いらず」「よく噛んでゆっくり食べると太らない」「脂質や糖質の少ない食生活は健康長寿のもと」など食と栄養に関する情報は日常良く耳にします。これらは主に生活習慣病の予防に役に立つこととして知られていますが、最近になって食・栄養はメンタルヘルスを良好に保つ上でも一役買っていることが明らかになってきました。このような分野は栄養精神医学(Nutritional Psychiatry)として2013年に確立され、近年注目を浴びるようになりました(松岡・浜崎, 2016)。本コラムでは、ヒトの食と栄養、特に食行動(「いつ」「どのように」食べるのか)と生活習慣病とメンタルヘルスの関連について主に日本人を対象とした研究を概観し、働く人々のメンタルヘルスを健康に保つヒントに結び付けたいと思います。

執筆:中田 光紀氏(国際医療福祉大学大学院 医学研究科 教授)
1234567

検索フォーム

会員ログイン

ユーザー
パスワード
ログイン

会員制度とご入会

ご入会に関するご質問

個人情報保護方針

メールマガジン登録